とりとめのないブログ・・・

税理士・中小企業診断士 篠川徹太郎事務所

ルナサンダル!

いや~、ルナサンダルいいですね~ サンダルで走ることがこんな楽しいとは思わなかったよ!

130万円の「壁」 ?

社会保険の被扶養者認定の基準として 「130万円の壁」 などと言われることがしばしばありますが、この 「壁」 の根拠法令については、あまりはっきりしないのではないかと思われます。

ピケティ 「21世紀の資本」

話題の本、読みました。ミーハーかな ・・・

ジョイスと安吾

ジェームスジョイスと坂口安吾を並べて、これはもうどうにもならない与太話なんだが、ジェームスジョイスには「若い芸術家の肖像」 ”A Portrait of the Artist as a Young Man" という、ものすごくよくできた自伝的小説がある。

肉離れ・・・

昨日のテニスで肉離れを起こしてしまった。。。 ものすごく痛くって、家の中でも松葉づえが無いと歩けません。。。 年末年始の休みで良かった。 ふくらはぎの肉離れで、別名「テニスレッグ」と呼ばれているらしい。 これからのリハビリと再発防止に気をつけ…

Klangkarussell - Netzwerk

ザルツブルクの若者二人組、ドイツ語圏のコンピュータ音楽、クラフトワークみたいで結構好き。こんなアルバムが (と言っては失礼だが・・・)、スイスではチャート2位、オーストリアではチャート5位になったというんだから、どんな国なんだろうと思うよね…

寄生獣

寄生獣という漫画が映画になったりアニメになったりしていて驚いてます。 なんせ30年前の漫画だし、そりゃ~凄いマンガだとは思っていたけど、累計1300万部の大人気コミックと急に言われてもねぇ、当時はどちらかというとマイナーだったし。 でも、こ…

資金移動表 その後

資金移動表について、CF計算書との違いや勝れている (と思った) 点について書いてみたんだけど、う~ん、やっぱり資金移動表はかなりマイナーな財務分析の手法なのではないかと思われるのです。

中小企業再生のターニングポイントはここだ!

書評です

ドラッカー 「傍観者の時代」

P.F.ドラッカーの自伝的小説 「傍観者の時代」、興味深く読みました。

大川周明と古民家山十邸

戦前の思想家でありA級戦犯であった大川周明の住んでいた家が、神奈川県の愛川町にあり、古民家山十邸として保存され、一般に公開されているということを知り、行ってきました。

ゆるキャラに負けない!

え~、深夜番組には時々面白いものがありますが、最近ではみうらじゅんと安齋肇の二人が日本中のゆるキャラにいじられつつご当地の観光PRを行うという 「ゆるキャラに負けない!」 がマイブームでございます。

美容院の 「面貸し」

消費税の増税に伴い、論点としてさらに重要度を増しているのが給与と外注の区分だと思います。 納税者としてはその支払をなるべく外注費として課税仕入れの対象としたいところですが、税務調査により給与と認定されると、課税仕入れの取り消しならびに源泉所…

「原価計算基準」 批判

昨年からずぅ~と悩んでいて未だによく分からないのは、製造業におけるたな卸資産 (仕掛品および製品) の問題。 そのきっかけは、稲盛和夫さんの 「実学 経営と会計」 を読んではっとさせられたこと。 アメーバ経営において、原価計算による原価管理を行わ…

SkyDrive とか Outlook.com とか

さる人と会話して、パソコン環境の改善意欲が猛然とわいてきた今日この頃です。 それで、今までこっそり気になっていたマイクロソフトのクラウドサービス SkyDrive や Outlook.com というウェッブメールの様子を見てみることにしました。 これは ・・・・ か…

invictus インビクタス

ネルソン・マンデラが死んだというニュースで、この映画のことを思い出した。 クリント・イーストウッドの invictus

消費税増税に係る経過措置

先日、「消費税転嫁対策特別措置法」 について話す機会がありました。 この法律については、ガイドラインなども踏まえつつなるべく分かりやすくお話をさせていただいたつもりなのですが、元々の消費税法について、特にその経過措置のうち 「リース取引」 や …

グレン・グールド・プレイズ・バッハ

ピアノを習っている娘のために買ってきたものだけど、私がはまっております。 これはスゴイ演奏ですね~

研修を終えて

認定支援機関向け経営改善・事業再生についての6日間の研修が終了した。

貿易収支など

前にも 「原発反対!・・・?」 という記事でちょこっと書いたんだけど、原発の再稼働や脱原発について考えるとき、石油資源輸入国としての日本の立場をどうしても考えてしまう。 shinokawa-office.hatenablog.com

カフカ 「万里の長城」

ジョージへ 卒論を送ってくれてどうもありがとう。長年の約束を守ってくれてとても嬉しかったです。また、内容も興味深いもので、久しぶりに知的好奇心が刺激されました。それで久しぶりにカフカに関する本を何冊か買って読んでみたんだけど、どうも今の私の…

工業簿記の問題 その2

先の記事 「工業簿記の問題」 で触れた問題について、最近出版された本でも触れられていたので紹介します。 shinokawa-office.hatenablog.com この本の中に、「いつまでも仕掛中の製造指図書の存在」 というコラムがあり、問題点が指摘されています。 少し長…

国保の都道府県への移管

当ブログでは国民健康保険の有り方について、かなり批判的に書いているわけだけど、本日の新聞記事によると、5年後をメドに国民健康保険の運営主体を現行の市町村から都道府県に移管することで内定したそうだ。 もう3年ほど前になりますが 「国民健康保険…

相続時精算課税の期限後申告

税務についての申告や納付については、それぞれ期限が定められています。

認定支援機関って・・・

今年度の税制改正で、認定支援機関による指導により経営改善に向けた設備投資を行う場合に、30%の特別償却又は7%の税額控除ができる制度が創設されましたが、こうした目先のメリットだけをクローズアップして認定支援機関への申請を奨励するというのは如…

工業簿記の問題

工業簿記というか原価計算について、少し勉強している。 税理士のはしくれとして簿記会計を生業としている俺だけど、久しぶりに勉強してみたら工業簿記がさっぱり分からなかった。

仮装経理の後始末

主として金融機関対策として、また建設業であれば経営事項審査の得点アップ等のため、仮装経理つまり粉飾決算が行われることがあります。 特に架空在庫の計上は、決算時に仕訳の数字をいじくるだけで出来てしまうので、もっとも簡単な粉飾決算の手法です。 …

相続税の増税

忙しさにかまけて、うっかりしておりましたが、3月29日に相続税の増税法案が国会で可決成立しておりました、はい。 平成27年1月以降の相続から適用されるとのことで、あと2年ほどの猶予があり、随分と先の話ですよね。 考えてみれば消費税についても、平成26…

在庫担保のABLはお勧めできない

ABL (Asset Based Lending) という資金調達の手法が注目を集めており、金融庁でも今年の2月に「ABL (動産・売掛金担保融資) の積極活用について」という案内を、金融機関向けおよび中小企業者向けに発表しています。 以下、抜粋。

日本のもの造り哲学 藤本隆弘

引き続き、書評です。