とりとめのないブログ・・・

税理士・中小企業診断士 篠川徹太郎事務所

専業主婦の年金・その後

当ブログの 「専業主婦の年金」 や 「専業主婦の年金・続報」 という記事において取り上げてきた問題、昨日の新聞記事によれば ・・・・ 政府・民主党は、今国会への法改正案の提出を見送る方針を固めた、とのこと。 shinokawa-office.hatenablog.com shinokawa-office.hatenablog.com

理由は ・・・ 国民年金法改正案を審議すれば与野党の対立が激化し、国会運営に影響を与えると判断した ・・・

重要なことは何も決まらない今国会を象徴するような問題の先送りです。

2011年8月4日 追記

と、思いきや、3年間の時限立法で、国民年金法の改正案が成立する見通しとのことです。

改正案の詳細を見てみると 「後納保険料」 などという用語を新設して、未納の保険料につき10年間さかのぼって納付することができるようにしています。

まぁ、「滞納」 している保険料を支払う場合と 「後納」 では、一体どこがどう違うんだという話ですけど ・・・・

ちなみに、新聞などの報道では 「追納」 という用語が使われていますが、「追納」 というのは保険料の法定免除の規定により納付していなかった人々が後から納付する場合に使われる用語であって、ただ単に保険料の納付を忘れていたような人々が後から納付する場合の 「後納」 あるいは 「滞納」 している保険料を支払う場合とは、その意味合いが異なります。

マスコミの方々は、こうした用語については厳密に使い分けていただきたいと思います。

しかし ・・・ 誰があえて10年分の未納保険料を支払うんでしょうかね?!

この規定は無年金となる人々への福音であるとのふれこみですが、微妙ですよね。。。

shinokawa-office.com