読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめのないブログ・・・

税理士・中小企業診断士 篠川徹太郎事務所

子ども手当認定請求書

年少扶養親族 社会保険について

子ども手当認定請求書」 なるものが手許に届いた。

10月から 「子ども手当」 が変わります 申請をお忘れなく!!

などと書いてある。

80円切手を貼って早急に返送しなければ、手当の認定が遅れる場合もあるそうだ!

しかし ・・・ 何がどのように変わったのか、子ども手当以前の児童手当との比較において、改めて整理してみたいと思う。 なお、表中の子ども手当や児童手当の金額などは全て月額です。

名称および支給期間 子ども手当 (改定後) 児童手当 (従前) 差額 (1人分)
平成23年10月 ~ ~ 平成22年5月
0歳以上3歳未満 15,000 円 10,000 円 5,000 円
3歳以上 小学生以下 第2子まで 10,000 円 5,000 円 5,000 円
第3子以降 15,000 円 10,000 円 5,000 円
中学生 10,000 円 0 円 10,000 円

 

一方で、以前の記事 「再度、年少扶養控除の廃止と子ども手当」 において、子ども2人のご家庭を例に、年少扶養控除の廃止による増税額を試算してみたのですが、その結果は下記の通りでした。なお、増税額については年間分の金額です。

shinokawa-office.hatenablog.com

年収 300万円 500万円 800万円
年間の増税額 (国税分) 37,800 円 41,900 円 152,000 円
年間の増税額 (地方税分) 66,000 円 66,000 円 66,000 円
年間の増税額・合計 103,800 円 107,900 円 218,000 円

こうしてみると ・・・・ 子ども手当って一体何なんだ?! と、思います。

世紀のおバカ施策として、歴史にその名を残すことになるのでしょうか!?

shinokawa-office.com