とりとめのないブログ・・・

税理士・中小企業診断士 篠川徹太郎事務所

信用保証の縮小

今朝の日経に少し気になるニュースが ・・・

中小企業庁は信用保証協会による中小企業向け保証制度を縮小する検討に入った。経営不振の企業向けに100%の融資保証を付ける緊急制度を全業種向けに認めていたが、対象業種を一部に絞る。リーマン・ショックを受けた政策として2008年に制度を創設し、東日本大震災後保証を続けていたが、危機対応にメドがついたと判断、今後見直しを進める。 ・・・・ 早ければ今年度下半期の見直しのタイミングで縮小を検討する。

中小企業向けの金融パッケージとしては 「中小企業金融円滑化法」 があります。こちらも1年ごとに延長が繰り返されておりましたが、来年(平成25年)3月には終了することになりそうです。

100%保証の縮小とあわせて、今年度後半からの金融機関からの借入は、審査がさらに厳しくなってくる可能性があります。

円高の影響もあり、今後の景気動向は不透明です。

今のうちに手持ち資金を手厚くしておくという作戦はアリだと思います。

shinokawa-office.com