とりとめのないブログ・・・

税理士・中小企業診断士 篠川徹太郎事務所

健康保険制度の停滞と迷走国会の召集

後期高齢者医療制度について、民主党政権は反対の姿勢を取っているため、この制度を廃止したり健康保険制度を組み替えたりして、「新高齢者医療制度」などと呼ぶ法案を国会に提出しようとしていました。

この話題については、以前の記事「国民健康保険の再編」で触れていたところです。

shinokawa-office.hatenablog.com

ところが、法案の成立が見込めないため、あっさりと法案の提出そのものを見送ったとのこと。。。

賢明な判断ではないかと思います。なぜなら、混乱必至の国会で、絵空事のような「新高齢者医療制度」について議論するなど、時間のムダでしかないでしょう。

その国会が今日、1月24日に召集されます。どんだけ迷走するのか、とくと拝見させていただきましょう!

1人の税理士としては、民主党が取り纏めた税制改正大綱、とりわけ相続税の課税ベースの拡大など、怒りというか呆れたというか、廃案にして当然というか廃案にすべきであるというか ・・・

shinokawa-office.com