とりとめのないブログ・・・

税理士・中小企業診断士 篠川徹太郎事務所

freeeがマネーフォワードを訴えるw

少し前のことになりますが、次のような記事が興味を引きました。

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 「freee」)は、本年10月21日に株式会社マネーフォワードに対し、当社が勘定科目の自動仕訳に関して保有する特許第5503795号(以下「本件特許」)に基づき、同社提供の「MFクラウド会計」を対象として、特許権侵害を理由とした差止請求訴訟を東京地方裁判所に提起いたしました。この度同社に対して、本件特許を含む当社保有知的財産の存在につき理解を求め、協議を行ったものの、進展が見られなかったことから止むを得ず今回の提訴に至りました(平成28年(ワ)35763号)。

これに対して、マネーフォワードの言い分は・・・

本日、一部報道機関において、フリー株式会社が、自動仕訳に関する特許権を侵害されたとして、当社の提供する「MFクラウド会計」について、特許権侵害を理由とした差し止め請求訴訟を東京地裁に提起した旨の報道がありました。

当社といたしましては、弁護士及び弁理士と検討した結果、当社技術は、本件特許とは全く異なるものと判断しており、フリー株式会社の主張は失当であり、特許侵害の事実は一切ないものと判断しております。今後につきましては、裁判手続きの中で当社技術は本件特許に抵触していないという当社の見解の正当性を主張し、明らかにしていく予定です。

要するに、裁判で全面的に争うということですねw

特許の詳細を知らずにあれこれとしゃべるのもお行儀が悪いとは思うのだが・・・

freeeが全世界に先駆けて自動仕分けのアイデアを導入したってわけ?

社長はグーグル出身のくせに??

それに、こんなことで差止請求が認められたら、国内のクラウド型会計ソフトはfreeeの独占になってしまうではないですか。すると、「補助科目」なんて野暮な言い方は通用しなくなって「タグ」って言わなきゃいけなくなるってわけ??

はっきりさせておくと、税理士仲間でfreee押しは(私の狭い交友の中では)皆無だということ。

これに対して、MFクラウド会計を支持する人は何人か知っています。

私の顧問先にもMFクラウド会計を使っている会社がありますが、けっこう使いやすく好印象です。

これからも、こんな訴訟沙汰があったとしても、当事務所ではクラウド会計導入をお考えのお客様にはMFクラウド会計を勧めてゆきますよぉ!!

shinokawa-office.com