とりとめのないブログ・・・

税理士・中小企業診断士 篠川徹太郎事務所

ルナサンダル!

いや~、ルナサンダルいいですね~ サンダルで走ることがこんな楽しいとは思わなかったよ!

f:id:shinokawa-office:20170103182942j:plain

きっかけは昨年末のテニスで肉離れをやらかしてしまったこと。

このままではまた肉離れを起こすと思いトレーニングを模索していた時、やはり走らなければいかんとは思うものの、走るとすぐにひざが痛くなるという典型的な中年オヤジの状況。過去5回フルマラソン完走したことはあるが、その頃から少し追い込んで走ると必ずひざが痛くなる。そのため、ここ数年は走ることをあきらめていた。

もう年なんだ、膝の軟骨がすり減ってしまっているのでもう何をやってもダメなのだと。

しかし、ふだん走らないでテニスなどすれば肉離れになるのも当然という気がする。やはり、走ることは運動の基本なのではないだろうか?

そこでネットでいろいろ調べてみると、裸足ランとかサンダルとか "Born to Run" とか・・・そこでハタと思いついた。

これは、いけるんじゃないか?!

ふわふわとしたシューズにヒールストライクするのではなく、ごつごつとした地面をいなしながら走る、「膝を抜く」感覚を大切にしながら走る、肉球で地面をつかまえながらヒラメ筋に負荷を感じながら走る・・・はじめのうちは足の裏がヒリヒリするし、ヒラメ筋(ふくらはぎ)が痛くなり満足に走れなかったが、これは想定内。むしろ、ふくらはぎに負荷がかかることによって肉離れのリハビリおよび再発防止に役立っているように思った。

かかとは地面に擦る様な感じで、少なくともゴツンとぶつけるようなことはしない。たぶん、足半で走っていた江戸時代の飛脚はそのように走っていたと思う。かかとを地面に擦るように走っていると逆にかかとが締まってくる感覚がある・・・今のところ、ひざの痛みは無い。

今年はハーフマラソンに出ようかな・・・久しぶりにそんな気にさせてくれるルナサンダル。楽しいよ!

半年ほど使っているけど、かなり丈夫だよ。

f:id:shinokawa-office:20170103183034j:plain

日本でも取扱いショップがあるけど、直販サイトでの購入も楽勝。足のサイズをプリントするときにスケールさえ合わせていれば、サイズ間違いの心配も無いと思う。ルナモンキー最高!!

shinokawa-officce.com